チリ共和国ミチェル・バチェレ大統領出席の経済交流会

 2月22日に来日したチリ共和国ミチェル・バチェレ・ヘリア大統領は、総理大臣官邸での首脳会談や天皇陛下との会見、長崎訪問の他、23日には帝国ホテルでの日本・チリ経済交流会に出席されました。その昼食会に在日チリ大使館(東京都港区)から招待された宇都宮会長は、チリ・サンティアゴにて開催されたWACS世界会議以来、8年ぶりにミチェル・バチェレ大統領とお会いすることが出来ました。
 昨年、日本とチリは国交120周年を迎え、秋篠宮ご夫妻がチリに公式訪問された他、日本でも大使館主催のレセプションやJ.C.ビルディングにてチリ本国よりシェフを招聘した料理セミナーも開催されました。
 今後も環太平洋経済連携協定(TPP)加盟国11カ国による新協定「TPP11」の早期発効に向けた経済の連携とともに食文化の交流も継続的に行えるよう全日本司厨士協会もその活動に協力したいと考えています。


日本・チリ経済交流会の会場


チリ共和国ミチェル・バチェレ・ヘリア大統領


昼食会の様子


昼食会に出席する宇都宮会長


熟成ローストポークのプラムソース
チャルキカン(チリ風煮込み)、野菜添え


チリ大統領との記念撮影