FOODEX JAPAN 2016開催

 3月8日〜11日まで、千葉県の幕張メッセで41回目となる国際食品・飲料展FOODEX JAPAN2016(主催 一般社団法人日本能率協会 他)が開催されました。世界78ヵ国から過去最多の食品・飲料メーカー・商社3,197社が出展し、全日本司厨士協会も宇都宮会長はじめ総本部役員、千葉県本部役員が連日VIPラウンジの運営をお手伝いさせていただきました。来場者は合計76,532名となり連日大盛況でした。
 初日には、各国の駐日大使が参加しテープカットが行われ、全日本司厨士協会から宇都宮会長が代表で各国の大使とともにオープニングイベントに参加いたしました。
 また、VIPラウンジでは、今回もネスレ日本株式会社ネスレプロフェショナル様のご協力により、コーヒーマシン設置やキットカットなどのお菓子類やデザート、また、グループ会社のサンペレグリノ社からはアクア・パンナをはじめとした各種飲料のご提供をいただきました。
 期間中は、ブース出展をしている国内外の担当者と交流を持ち、賛助会員であるスペイン・アンダルシア州政府アンダルシア製品輸出促進公社extenda様からは、本国よりVanessa Bernad González CEOとMaria Lara Quinlan部長が来日し、駐日オフィスの尹東淑代表とともにVIPラウンジにお越しになり、イベリコハム公式コルタドールセミナーをはじめとしたこれまでの司厨士協会の10年間の功績を讃え立派な楯を贈呈していただきました。
 ハンガリーからは、駐日ハンガリー大使とともに本国より来日した農業大臣、農業副大臣、外務貿易省の担当次官の皆様が、ピックサラミハンガリー社の日本事務所パラノビチ・ノルバート代表とともにVIPラウンジにお越しになり、宇都宮会長から大臣にヤングシャフの育成に力を貸して欲しいと話をさせていただきました。
 スコットランドのブースでは、海外交流委員長として現地にも訪問した岩崎勇氏によるクッキングデモンストレーションが行われ、ポリッジPorridgeやラングスティーヌLangoustine、スコットランド産サーモンを使った料理が多くの来場者に振る舞われました。
 また、ギリシャのブースでは、駐日ギリシャ大使館の参事官と今年開催されるWACSギリシャ会議のことをお話させていただきました。


各国駐日大使・関係団体の代表者による
テープカットセレモニー


会場の様子


スペインのextenda CEO Vanessa Bernad
González氏より記念の盾をいただきました


スペインブースでイベリコ豚ハムの
カッティング実演


ハンガリーより駐日大使とともに
農業大臣・副大臣・外務貿易省、
国立マンガリッツァ飼育業者連盟会長、
ピック社の日本代表がVIPラウンジに


右側より、駐日ハンガリー大使
イシュトヴァーン・セルダヘイ氏、
ハンガリー農業省副大臣
ジョルジョ・チェルヴァーン氏、
ハンガリー農業大臣
シャーンドル・ファゼカシュ氏


ハンガリー農業大臣の
シャーンドル・ファゼカシュ氏とともに


スコットランドブース


スコットランドブースにてクッキングデモ
を行う岩崎勇海外交流委員長


VIPラウンジの協賛をいただいた
ネスレ日本株式会社ネスレプロフェショナル
カンパニープレジデント神永勉氏とともに


右側より、カラスミの一種「BOTTARGA」の
製造業者 Trikalinos社 Zafeiris Trikalinos社長、
宇都宮会長、岩崎海外交流委員長、
駐日ギリシャ大使館
ディオニシオス プロトパパス参事官