お知らせ 航空自衛隊 食育の取組み

 宇都宮会長、川端事務局長、調理技術技能センターの須田事務局長は市ヶ谷基地にある航空幕僚監部に伺い、協会との今後の友好関係や航空自衛隊の食育への取組みについて、人事教育部厚生課長・谷嶋正仁1等空佐、厚生課給与室長・若槻俊樹1等空佐、小柳友幸3等空佐にお話をお聞きしました。
 航空自衛隊では、本年度より6・9・11・2月の各19日を「航空自衛隊食育の日」と定め、食べることを楽しみ、栄養指導や生活習慣病の予防等を盛り込んだ「食育献立」を実施する予定とのことでした。また、自衛隊の任務遂行に必要な健全な身体および精神を養う基本は「食」にあることを踏まえ、食育の日を定めることで隊員の皆様に対して「食」の重要性とその関心を高めることが目的とお聞きしました。
 なお、航空自衛隊では、民間の調理師養成施設に隊員が一定期間通学し、調理指導のできる指導員を育成されているとのこと。これらの話を受けて、宇都宮会長は、全日本司厨士協会および調理技術技能センターでの食育に関するイベントにもぜひともご参加いただくよう谷嶋厚生課長とお話させていただきました。


防衛省内での打ち合わせの様子


左から川端事務局長、
人事教育部厚生課長・谷嶋正仁1等空佐、
宇都宮会長、
厚生課給与室長・若槻俊樹1等空佐、
厚生課小柳友幸3等空佐、
調理技術技能センター須田事務局長