お知らせ 全国調理関係団体連盟の代表者による会議が開催

 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会の宇都宮久俊会長と内閣府認定公益社団法人日本調理師会の石川東功会長が二名代表である、全国調理関係団体連盟の会議がJCビルディングにて開催されました。
 全13団体の代表者が集まり、調理師の地位向上や喫食弱者である病院・学校給食での調理師配置の義務の法制度化に向けて協議を進め、また、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会に向けて、食の団体として和食・洋食などの垣根をなくし、より一層の団結をすることで話がまとまりました。
 なお、今回の会議より一般社団法人日本バーテンダー協会(岸久会長)と内閣府認定公益社団法人日本料理研究会(三宅洋子会長)の2団体が新たに参加することになりました。