イベント情報 / Event(2015年)


第53回技能五輪全国大会


 全41種目の職種で23歳以下の全国の技能者が競技する第53回技能五輪全国大会が、厚生労働省及び中央職業能力開発協会の主催で開催されました。西洋料理職種は、学校法人誠心学園東京誠心調理師専門学校(東京都大田区)にて、12月3・5・6日の3日間競技が行われ、優勝者は高橋望選手(関東総合地方本部神奈川県本部所属)でした。おめでとうございました!


全職種の選手が集まり幕張メッセにて開会式


西洋料理職種の競技会場である
東京誠心調理師専門学校で記念撮影


競技の様子


優勝作品 第1課題【冷製または温製】
3種野菜のムース さつま芋のチップ添え
赤・黄色ピーマンピューレのデコレ


優勝作品 第2課題【温菜】
ホウボウと茸のポーピエット
人参のブルーテ添え
ほうれん草ソース


優勝作品 第3課題【デザート】
キャラメル風味のチョコレートムースと
洋梨のタルト
フランボワースソースを添えて


西洋料理職種の表彰式

Taste of Australia 「美食オーストラリアin Japan」
シェフ・ソムリエ対象の料理コンテストご案内


 本年1月に日本とオーストラリアの間では、日豪経済連携協定(日豪EPA)が締結され、牛肉やワイン等の多くのオーストラリア産品がこれまで以上にご利用しやすくなりました。
 そこで、この度、オーストラリア大使館では、全国のホテル・レストランに勤務する35歳以下のシェフとソムリエ、助手の最大3名を1チームとした、オーストラリア産ワインを合わせた料理コンテストを開催いたします。
 参加ご希望の方は、平成27年12月14日(月)までに参加申込書をお出しください。
 コンテストの概要説明と指定食材リストは12月18日(金)にオーストラリア大使館にて発表します。その後、参加者は平成28年3月1日(火)までにメニューのレシピ、ワインリスト、料理写真を提出し、書類審査という流れです。
 その後の詳細などはこちらをご覧ください。
Australian Government
お問い合わせ先は、オーストラリア大使館マーケティング事務所
小沢・篠田様宛て
電話 03-5232-3927・3951
mail address

主催 オーストラリア大使館
協賛 MLA豪州食肉家畜生産者事業団、カンタス航空、ワインオーストラリア
協力 オーストラリア政府観光局

ディルマ紅茶「リアル・ハイ・ティー」セミナー


 世界司厨士協会連盟(WACS)公式スポンサーであるディルマ(スリランカの紅茶ブランド)
の日本総代理店であるワルツ株式会社主催による「リアル・ハイ・ティー」セミナーが
東京と大阪で開催され、多くの関係者が集まりました。

 内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会は、
スリランカ大使館と日本紅茶協会とともに後援し、
大阪会場(11月4日、インターコンチネンタルホテル大阪)には
宮川栄治大阪府本部会長ら数名、
また、東京会場(11月6日、シャングリ・ラ ホテル東京)には、
総本部宇都宮久俊会長、岩崎勇海外交流委員長、
川端清洋事務局長が出席しました。

 ワルツ株式会社は、2016年の料理オリンピック(ドイツ・エアフルト開催)
日本代表チームにも協賛をいただいており、
当日はナショナルチームのポスターを掲示し、
関係者に大会情報をご提供していただきました。

 今回のイベントは、スリランカのディルマ紅茶の魅力を
セミナー形式で詳しくご説明していただき、
紅茶の基礎知識からディルマが世界で取り組む
本物の紅茶「リアル・ハイ・ティー」について
多くを学ぶことが出来ました。

 ワインがテロワール(ブドウの産地ごとの異なる気候や
風土の環境条件)によって味わいが変化するように、
お茶にもテロワールが存在すること、
その個性を作り出すスリランカという独特の起伏のある地形や
標高差について興味深いお話を聞くことが出来ました。

 また、ワインとは異なり、紅茶を美味しく味わうには
「鮮度」が大切であり、紅茶の個性を十分に味わえる
ディルマ紅茶は一般的な紅茶とは比較にならないほどの早さで
消費者の手元に産地直送を可能にしています。

 当日はディルマ紅茶を使ったスペシャルアフタヌーンティーセットも用意され、
ディルマの銘茶コレクションとともに関係者に提供されました。

 当日の詳しいレポートは下記のイラストをクリックしてください。

real high tea




東京会場(シャングリ・ラ ホテル東京)の様子


スペシャルアフタヌーンティーセット


ディルマの銘茶セレクション

第2回 United Tastes of America アジア大会 参加者募集!


 アメリカ大使館農産物貿易事務所 が主催の
「第2回United Tastes of America アジア大会 〜美味なるアメリカ〜」
開催されます。この大会はプロのための料理コンテストで、2名1チーム制です。
書類選考に残った10チームが平成28年2月に開催される東京大会に参加できます。

 東京大会での優勝チームは、平成28年3月に開催されるアジア大会に日本代表として出場します。
 なお、東京大会での優勝チームには副賞として米国オレゴン州ポートランドへの視察旅行、
アジア大会の優勝チームには米国での5日間の料理研修が用意されています。

 コンテスト応募は平成27年10月31日までに参加申込書・レシピ等を
「ユナイテッド・テイスト・オブ・アメリカ 日本事務局」までご提出ください。
 下のバナーをクリックするとコンテストの詳細や参加申込書をご覧いただけます。

 皆さん、ぜひご参加ください!!

第2回 ユナイテッド・テイスト・オブ・アメリカ

お問い合わせ先
「ユナイテッド・テイスト・オブ・アメリカ 日本事務局」担当 藤田
電話 03-6447-3877 FAX 03-3470-3084
Mail

第2回AJCA日蘭友好オランダポーク料理コンテスト開催!


 昨年の長崎大会に続き、今回は札幌にて、オランダ王国大使館・北海道・札幌市後援、オランダ農業振興会協賛による、全日本司厨士協会主催の第2回AJCA日蘭友好オランダポーク料理コンテストが開催されました。
 北海道全域から集まった35歳以下の北海道地方本部所属の全8チームが、スポンサー指定食材や地産地消食材を使い調理技術を競いました。
 総合第1位オランダ賞の前佛真也選手・北垣創選手(株式会社グランビスタホテル&リゾート 札幌グランドホテル)のチームには、オランダ視察ツアーが副賞として贈られました。

Holland  


写真左より宇都宮会長、オランダ農業振興会代表 塚田 務氏、
総合第1位・オランダ賞 前佛真也選手、北垣 創選手

第1回 スイーツ・ベーカリーシェフコンテスト


 アメリカンエッグボード/アメリカ家禽鶏卵輸出協会主催、アメリカ大使館農産物貿易
事務所後援のアメリカ産乾燥卵を使ったレシピコンテストの参加者を募集しています。
 最優秀作品には20万円の賞金が用意されています。皆様、自由な発想でのレシピを
ぜひご提案ください!

 応募締切は平成27年7月31日(金)当日消印有効です。

 お申し込みはこちら

第1回スイーツ・ベーカリー シェフコンテスト


アメリカ産チーズ アイディアメニューコンテスト


  アメリカ乳製品輸出協会が主催し、アメリカ大使館/アメリカ農産物貿易事務所が後援する
 「アメリカ産チーズアイディアメニューコンテスト」開催にあたり、メニュー応募の受付が始まりました。
  アメリカ産チーズアイディアメニューコンテストとは、お客様に提供したい、
 アメリカ産チーズを使った新しいアイディアメニューの発掘を目的としたコンテストです。
  応募資格は、企業に所属しメニュー開発・商品開発に従事されている方、
 飲食店・宿泊施設に従事する料理人の方で、応募締切は2015年8月10日(月)消印有効です。


アイディアメニューコンテスト


TASTE OF AUSTRALIA(テイスト・オブ・オーストラリア)


 オーストラリア大使館(東京都港区)にて、オーストラリアのプレミアム食材が集まった展示商談会が開催されました。本年1月の日豪経済連携協定の発効後、益々多くのオーストラリア産食材が日本国内で流通を進めることと思います。
 宇都宮会長、大西理事長、岩崎海外交流委員長、川端事務局長が参加し、ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使ともご挨拶をし、司厨士協会のこと、そしてヤングシェフ育成のためにお力添えをいただけるように大使と直接お話をさせていただきました。
 食肉・海産物・果物・ナッツ・加工食品・ワイン・ビール等、30社を超える数多くの企業が参加し、大盛況の展示商談会となりました。


AUSAB社のあわび


ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使


Queen Fine Foods社
テイラー&カレッジ バニラビーンズ


Game Farm社のウズラ肉


ヤングシェフ育成の
コンテストの協力・支援を依頼


オーストラリア大使館の広い庭園にて


Plus Impact社による
カンガルー肉とワニ肉の試食


Treasury Wine Estates社
ワインブランド、ペンフォールズ

フランス料理文化センター主催のコンクール「ジャン・シリンジャー杯」のエントリーが始まりました!


フランス料理文化センター(FFCC)主催
第16回 メートル・キュイジニエ・ド・フランス「ジャン・シリンジャー杯」の詳細はこちら

「ジャン・シリンジャー杯」に向けた料理講習会はこちら





「2015年アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールセミナー&コンテスト」開催のお知らせ


 スペイン・アンダルシア州政府のアンダルシア製品輸出促進公社EXTENDAは、アンダルシア産イベリコハムの普及と市場拡大を目的に、昨年に引き続きカッティングセミナーを6月に東京と大阪で開催いたします。

 セミナーでは、スペイン人講師によるイベリコハムの講義が行われ、セミナーの後、ご希望の皆様は『第5回アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールコンテスト』に参加することができます。

2015年アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールセミナー&コンテスト

主催 スペイン・アンダルシア州政府アンダルシア製品輸出促進公社 EXTENDA

日程 6月23日(火)9:00受付 東京会場 内閣府認定公益社団法人 全日本司厨士協会 B1Fマリンルーム
   6月25日(木)9:00受付 大阪会場 ホテル阪神 10F クリスタルルーム

詳細はこちら

お申し込みはこちら


「アペリティフ 365 in 東京」のお知らせ


1年365日アペリティフを楽しむことを目指して「アペリティフ365」のイベントがフランス農業・農産加工業・林業省、SOPEXA JAPON (フランス食品振興会)の主催で昨年より開催しております。
 2014年は世界10ヶ国、21都市で同時開催し、日本国内においては全国12都市でフランス食文化の真髄に位置する「ゆとりある食習慣の啓蒙、啓発」を推し進めるイベントとなりました。
今年の「 アペリティフ 365 in 東京」は 5月15日(金)、16日(土)、17日(日) に代官山HILLSIDE TERRACEで開催されます。



ネスレプロフェショナル展示会2015


 ネスレ日本株式会社ネスレプロフェショナルの展示会が品川プリンスホテルにて開催されました。
 世界初、外食専用キットカット「キットカット フォーカフェ」の発表や最新のコーヒーマシンの紹介、「カノビアーノ」オーナーシェフ植竹隆政氏や「ToshiYoroizuka」オーナーシェフ鎧塚俊彦氏の「マギー」「ドチェロ」を使ったクッキングデモンストレーション等々、盛りだくさんのイベントでした。


オランダ大使公邸にて


 駐日オランダ王国ラーディング・ファン・フォレンホーヴェン特命全権大使主催のオランダ産食品のレセプションに、宇都宮久俊会長はじめ協会役員および会員15名で参加しました。
 オランダ王国大使館と全日本司厨士協会とは、昨年よりオランダ農業振興会様の協力もあり、日蘭友好オランダポーク料理コンテストを開催するなど、交流が大変深まっております。
 オランダ王国は、アメリカ合衆国に次ぐ、世界第2位の農産物輸出国であり、品質の高い豚肉や仔牛肉、乳製品など、魅力的な農産物がたくさんあります。
 ラーディング大使やシンディ農務参事官、オランダ企業の皆様と交流を深められた有意義な時間となりました。


駐日オランダ王国ラ―ディング特命全権大使


参加企業のヴァンドリグループ(仔牛肉)の
皆さん


マッチメーキング(名刺交換会)の様子


ハンクさん自慢のスプラウトを調理場から
持ち出してみんなで試食。
素晴らしい香りと味わいでした!


ラーディング大使とともに


司厨士協会メンバーとラ―ディング大使、
シンディ農務参事官

FOODEX JAPAN 2015が3月3日より開催


 来場者7万人規模、アジア最大級の食料・飲料専門展示会FOODEX JAPAN2015(一般社団法人日本能率協会主催)が千葉県の幕張メッセで3月3日から6日まで開催しました。
 協会は毎年代表者が各国の大使とともにテープカットに参加し、会場内VIPルームの運営を委託されております。
 宇都宮会長はじめ総本部役員、千葉県本部役員が連日VIPルームにて来客のおもてなしを行っております。
 VIPルームでは、毎年ネスレ日本株式会社ネスレプロフェショナル様のご協力により、コーヒーマシン設置や各種飲料、お菓子類などのご提供をいただいております。